Justin Bishop

Justin Bishop

ジャスティン・ビショップは32歳のスケートボーダー。彼はまた、盲目でもあります。幼い頃に目に変質性疾患を患った彼は、徐々に視力を失っていきました。ジャスティンは、彼と同じような盲目のアスリートたちが活用することができるようなテクノロジーの開発にも協力しています。ABA彼の目標は、盲目や視覚障害を抱えた人々がスポーツや日常生活での様々な活動により簡単にアクセスできるようにすることです。ジャスティンはまたABA(応用行動分析学)セラピストとしても活動しています。スポーツを通じて、スペクトラム障害を持つ子供たちに、社会的なスキルや運動スキルを教えています。スケートボードとABAセラピーを通じて、ジャスティンは、インクルージョン(一体性)がすべての人々の生活の重要な一部となることを目指す活動に取り組んでいます。障害者スケートボードの普及はその一環です。いつの日か、障害者スケートボードが世界的な大会の公式種目となることがジャスティンの個人的な目標となっています。

Instagramアカウント@justinthebishopをフォローしてジャスティンの活動をチェック。